故障する確率は純正品とはそんなに変わらない

リサイクルトナーを購入するメリット

プリンターを日常的に使用する企業や個人にとって頭の痛い問題なのが、消耗品であるトナーの価格は決して安いものではなくランニングコストが高くなってしまう点です。最近のプリンターは本体価格はそれほど高いものではないのですが、消耗品に関しては非常に高い買い物となってしまうのです。その理由としてプリンターのメーカーはプリンターそのもので収益を上げていくビジネスモデルではなく、トナーなどの消耗品によって収益を上げていくビジネスモデルとなっているからです。
その結果として消耗品であるトナーの価格は高く、そのことはプリンターの使用頻度が高い企業や個人にとっては金銭的に大きな負担となっています。ただし、近年ではプリンターのメーカーが販売している純正のトナーだけではなく、いったん回収された純正のトナーの部品を再利用したリサイクルトナーが販売されています。
このリサイクルトナーの最大の魅力が価格の安さで、純正のものと比べてかなりコストパフォーマンスのいいものとなっています。ただし、リサイクルトナーの場合、純正のものではあまりない不具合が生じてしまうものもあるので、リサイクルトナーを購入する際にはその点についての理解が必要になってきます。

リサイクル品を使っても故障率は同じです

プリンターは純正品を使うことを前提にして作られているので、リサイクルトナーを使うと故障が多くなる、皆さんはこんな噂を聞いたことはないでしょうか。はっきり言ってしまうと、この噂には何の根拠もありません。プリンターの故障率は、純正品を使った場合も、リサイクルトナーを使った場合もほとんど変わりません。
長い間使っていなかったプリンターを急に使ったり、1年くらい使っていなかったインクを使って印刷した場合、機械の調子が悪くなることはありますが、それは使っているトナーがリサイクル品であろうが純正品であろうが起こります。なので、どんなトナーを使おうが故障率に変わりはないのです。そもそも現代は、プリンターよりトナーやインク代の方が高い時代なので、トナーをリサイクル品にして、ランニングコストを下げる方が、プリンターの故障率を下げることよりはるかに重要です。
だから、仮に噂が本当だとしても、リサイクルトナーを使った方がコスト的に得なのです。そもそも、純正品を使ってプリンターの故障する確率は変わらない上に、仮に純正品を使った方が故障率が低くなるとしても、コスト面を考えればリサイクルトナーを使った方がお得、それならリサイクルトナーを使わない理由はないと言えるでしょう。

トピックス

故障する確率は純正品とはそんなに変わらない

リサイクルトナーを購入するメリット プリンターを日常的に使用する企業や個人にとって頭の痛い問題なのが、消耗品であるトナ…

もっと読む

色んなシーンで最適な数々の魅力

リサイクルトナーの選び方とは? 会社によりますが、業務上コピー機が必要な場合だとその使用頻度は高めだと思います。しかし…

もっと読む

リスク軽減する為の購入時に注意するポイント

リサイクルトナーのメリットデメリット 最近ではリサイクル志向が強くなってきており、トナーもリサイクルされる時代になりま…

もっと読む

安く購入できるのでコスト削減

コストが安いリサイクルトナー トナーには純正の新品があり、新品は保障がついて安心ですが、値段が高いこともあり、いくつも…

もっと読む

Copyright(C)2017 リサイクルトナーのデメリットとメリットを知って賢く購入 All Rights Reserved.