リスク軽減する為の購入時に注意するポイント

リサイクルトナーのメリットデメリット

最近ではリサイクル志向が強くなってきており、トナーもリサイクルされる時代になりました。トナーと言えば、私たちがよく使うレーザープリンターの原料であり粉状のインクのようなものです。使用済みのトナーカートリッジは産業廃棄物として扱われるので業者に頼んで処理してもらいます。そして、回収されたトナーからリサイクルされて出来たトナーがリサイクルトナーと言います。
このリサイクルトナーですが、様々なメリットやデメリットが存在しますので、今回、ご紹介させて頂きたいと思います。まず、メリットとしては通常のトナーよりも価格が安いという点です。リサイクルトナーは回収されたカートリッジに新しいトナーを入れているので生産コストが低くなるため通常よりも安い価格で販売することが可能なのです。しかし、デメリットとして通常のトナーに比べて品質が落ちてしまったり、トナー漏れが起こってしまったりする可能性が高くなります。
また、プリンターとの相性が悪い場合もありプリンターの故障の原因になることもあります。そのため、リサイクルトナーを購入しようとお考えの方は、生産された工場などがきちんとしたところなのかなどを把握した上で購入すればリスクは軽減できます。

リサイクルトナーで気をつけること

レーザープリンターのトナーは、メーカーの正規品のトナーを買うと価格が高くランニングコストが高くついてしまいます。そういった方のために、メーカー以外の会社がそのレーザープリンターのためにリサイクルトナーと呼ばれる正規品ではないトナーを販売しています。このリサイクルトナーは、メーカーの正規品トナーの中の粉が無くなり捨てられる前に回収したトナーに、再び粉を詰めて販売されたものがリサイクルトナーと呼ばれるものです。
このリサイクルトナーのメリットとしては、何より価格が安いことです。リサイクルトナーはメーカー以外の会社が1から製造したものではないので、プリンターの利用者からしても比較的安心という面もあるでしょう。しかし、デメリットとしてはこのリサイクルトナーを使用してて、プリンターが故障した場合は、メーカーの修理保証が受けられないことがあります。
メーカー側としては、リサイクルトナーではなく正規品を購入して欲しいのであらかじめリサイクルトナー使用の際の修理を断ると明記しているものもあります。ですので、価格が低くランニングコストを抑えられるリサイクルトナーをとるか、いざという時の故障に備えて修理を受けられる正規品のトナーをとるかは考えて判断しなければなりません。

トピックス

故障する確率は純正品とはそんなに変わらない

リサイクルトナーを購入するメリット プリンターを日常的に使用する企業や個人にとって頭の痛い問題なのが、消耗品であるトナ…

もっと読む

色んなシーンで最適な数々の魅力

リサイクルトナーの選び方とは? 会社によりますが、業務上コピー機が必要な場合だとその使用頻度は高めだと思います。しかし…

もっと読む

リスク軽減する為の購入時に注意するポイント

リサイクルトナーのメリットデメリット 最近ではリサイクル志向が強くなってきており、トナーもリサイクルされる時代になりま…

もっと読む

安く購入できるのでコスト削減

コストが安いリサイクルトナー トナーには純正の新品があり、新品は保障がついて安心ですが、値段が高いこともあり、いくつも…

もっと読む

Copyright(C)2017 リサイクルトナーのデメリットとメリットを知って賢く購入 All Rights Reserved.